ネット回線が遅い!プロバイダーに電話する前に出来ること7選

インターネットを利用するにあたり、よく直面する問題としてインターネット回線の速度が時に遅く感じたりすることが少なからずあるとは思います。

その原因がプロバイダーの違いにおいて発生するのか、または、回線そのものではなく使用環境にて発生するのか分かりにくいところもあります。

その中で遅いと感じプロバイダーへ問い合わせの前に自己で改善できることとして7つの原因とできる事を挙げてみました。

まず回線が遅くなる原因の一つ目として、回線そのものの不安定さが原因としてあり、同時期にホームページへのアクセスが殺到したためサーバー側の負担が原因で速度低下を招く場合がります。

その場合時間をおいて再度アクセスを行うか別のホームページを見て表示が遅いかを確認します。

二つ目は周りの機器からのノイズや電磁波の影響で不安定になる場合がありそれらの環境を見直すことで改善することができます。

三つ目はルーターやハブに複数のパソコンが繋がれている場合も速度低下を引き起こします。

その場合はご使用のパソコンのみを接続して、速度を測る必要があります。

四つ目は無線LANの仕様でルーターとパソコンの間の障害物の影響もあり、またそのチャンネルの混雑もありますので、LANケーブルを直接繋いで速度を確認する必要もあります。

五つ目はパソコンの処理能力が原因の場合もあり、ブラウザの更新やメモリ不足で速度低下起こすことが挙げられます。

六つ目はご使用のセキュリティソフトがウイルス感染の場合も速度低下の要因となります。




INFORMATION

 
プロバイダー選びは、速度か?価格か?プロはこう選ぶ!!